どうしても青汁が苦手な人の裏ワザ

青汁は十数年前と比べて、かなり飲みやすくなりました。
特に独特の青臭さがあるケールではなく、大麦若葉が青汁の原材料としてメジャーになってからは、
かなり飲みやすくなってきました。むしろおいしいと感じる人も居るくらいかと思います。

しかしなお、青汁の味が苦手だと感じる人も中には居るようです。
苦手ではないけれど、毎日飲んでいて味に飽きてしまったという人も居るかと思います。
そこで今回は、どうしても青汁が苦手な人に対して、青汁の味覚を克服する裏ワザをまとめたいと思います。

青汁が苦手な人の対策は主に3つ

青汁が苦手なら、以下の3つの方法を試してください。
青汁は老化防止にも便秘解消にも美肌効果にも効果が期待できる優れた健康食品です。
その優れた利点を、味の問題だけで捨ててしまうにはあまりにももったいないです。

青汁はちょっとアレンジしただけで、味覚の問題は驚くほど改善できます。
ぜひとも試してみてください。

  • 1. サプリメントタイプで代用してしまう
  • 2. 青汁に豆乳や牛乳を入れる
  • 3. ヨーグルトやスムージーにしてしまう

1:サプリメントタイプで代用してしまう

青汁は、粉末を水に溶かして飲む商品がかなり多いですが、
中には青汁をサプリメントにぎゅっと閉じ込めたような商品もあります。
例えばコップ1杯の青汁を飲み干すとなると、味に苦手意識のある人からすれば、
なかなか大変だと思います。

しかし、タブレットにして水で丸飲みしてしまえば、
青汁の味を感じるゆとりも無いうちに、胃袋の中に送り込めます。
青臭さがあるケールでも、サプリメントにしてしまえば全く気にならないので、
ぜひともチャレンジしてみてください。

2:青汁に豆乳や牛乳を入れる

青汁に豆乳や牛乳を入れると、まろやかさが加わるので、飲めるようになる人が増えます。
特に豆乳は抗酸化物質であるイソフラボンやタンパク質が豊富に含まれているので、
青汁とセットで考えると万能の健康食品になります。

ただ、豆乳はアレルギーを持っている方も居るので、 花粉症など何らかのアレルギーを既に持っている人は、念のため注意してください。

3:ヨーグルトやスムージーにしてしまう

現在の青汁はパウダーを溶かして飲むタイプが多いです。
そのパウダーをヨーグルトの中に入れて、
オリゴ糖とフルーツも加えてデザートにして食べるとおいしいです。

また、青汁とバナナ2本、ヨーグルト大さじ2杯、豆乳半カップ、
お好み量のレモン汁をミキサーに入れて、スムージーにして飲んでもおいしいです。
特に青汁スムージーは女性に大人気なので、ぜひとも試してみてください。
くせになる味です。