青汁は老化防止にも効くって本当?

青汁はダイエットや美容、便秘改善に効くと知られていますが、
老化防止にも役立つとご存じでしたでしょうか?
単に青汁を飲むだけで、どうして老化防止になるのか、今回はその理由を考えたいと思います。

アンチエイジングに青汁は効果的

改めて確認しますが、青汁はアンチエイジングにも効果的です。
その理由は簡単で、青汁に含まれている栄養素が、体内で活性化した酸素を抗酸化してくれるからです。
そもそも人間は、酸素を吸って生きています。
その吸収した酸素の数パーセントは、不完全に処理されて、体内で活性化します。

活性化した酸素は通常の場合、体の抗酸化作用が働いて自然と制御されます。
それでも活性酸素が体の処理能力を超えて増えてくると、細胞を傷付け、老化やがんの原因となります。
もちろん活性酸素は、体に悪い影響を与えるばかりではありません。
感染症の予防などに役立つ面もあるのです。ただ、現実問題として過剰に作られた活性酸素は、
老化を進行させるばかりか、がんや動脈硬化など命を左右する病気の原因にもなるのです。

体に備わっている防御システムが間に合わないほど体が酸化の方向に傾くと、トラブルが始まります。
外部から抗酸化物質を自主的に補って、体を酸化のストレスから守ってあげる必要が出てきます。
その抗酸化物質が、青汁には豊富に含まれているのです。

青汁には抗酸化物質のビタミンCやビタミンEが豊富に含まれている

紫外線、汚染された大気、喫煙、酸化された食べ物の摂取、
過度な運動などは、体を酸化させる要因になります。

一方でワインなどに含まれるポリフェノール、ブルーベリーなどに含まれる
アントシアニン、大豆などに含まれるイソフラボン、ゴマなどに含まれるセサミノール、
そばに含まれるルチン、緑茶に含まれるカテキン、緑黄色野菜や果物に含まれるカロテノイドなどは、
体を酸化から守ってくれる抗酸化物質になります。ビタミンC、ビタミンEも抗酸化物質の代表選手です。

例えば青汁の市販商品を無作為に1つ取り上げて成分表をチェックしてみても、

  • ・ビタミンC
  • ・ビタミンE
  • ・ルチン
  • ・β-カロチン(カロテノイドの一種)

などの抗酸化物質が含まれていると分かります。
単にダイエットや便秘、美容に効くだけでなく、青汁が老化防止にも効果的な理由は、
体の酸化を食い止める抗酸化物質が豊富に含まれているからなのです。
老化が気になるという方は、早速青汁を始めてみてください。