青汁はいまや若い子でも好んで、しかも手軽に飲める飲み物に!

かなり昔に放映された、 「う~ん、まずい」 のテレビコマーシャルで一躍有名になった飲み物です。
もともと、一部の人たちの間で実践されていた“健康法”が基となっています。
絶大な効果があるという静かな口コミに着目した健康食品会社のトップが、
1982年(昭和57年)に初めて市販化しました。 その後、冒頭のテレビコマーシャルで認知され、
大ヒットを記録します。以来、「まずいけれど健康にいい」というイメージで世間に認知されていきました。

現在の青汁は、「う~ん、うまい!」に進化している

そもそも初期の青汁、健康法として一部の人たちの間で実践されていた時代のものは、
ケールと呼ばれる野菜が主に使われていました。ケールは岩波書店の『広辞苑』にも、

ケール【kale】:
キャベツの一種。球状にならない葉はサラダなどに用いるほか、薬用の原料。

と解説があるように、“薬用”として用いられる野菜です。その分だけビタミンやミネラル、
食物繊維が豊富なのですが、独特の苦味や臭みがあり、おいしい飲み物とはお世辞にも言えませんでした。
しかし現在は、他の原料とのミックスや加工処理の工夫により、苦味や臭みも抑えられて、
自然なのどごしを感じられるまでに進化しています。

ケールではなく、味に臭みが無い大麦若葉や明日葉などが使われるようにもなってきています。
「健康にいいとは分かっているけど、味がきつそう」 と臆病になっている方は、
ほんの少し勇気を出して飲み始めてみてはいかがでしょうか?

味の問題は既にクリアになっています。味のハードルが無くなった以上、
これほど手軽にビタミンやミネラル、食物繊維を補給できるドリンクは他に試しがありません。
「それなら野菜ジュースでもいいではないか」 と反論する人も居るかもしれませんが、
野菜ジュースは糖分が多過ぎるので、野菜不足を埋めるために飲み続けると、
糖分過多で糖尿病などのリスクも高まってしまいます。

味に臆病な方のために、お勧めの商品をご紹介しております

そこで当サイトは、味に臆病な「食わず嫌い、飲まず嫌い」な皆さまのために、
栄養価に優れていながらも味が親しみやすい青汁商品をピックアップしました。
現在、関連商品はたくさん市販されています。どれも原材料にこだわりがあり、
栄養素のバランスにも気が配られて、美容、ダイエット、便秘改善、アンチエイジングなど、
さまざまな効果が期待できます。

正直に言えば、甲乙付けがたいレベルまで、各社の商品は進化してきています。
そこで当サイトは、価格や原材料、流通システム、支払い方法の利便性など、
総合的な比較項目を横断的にチェックしつつ、味にも優れた商品を厳選して冒頭のランキングを作成しました。
「体にいいとは分かってはいるけど、ちょっと怖い」
と、手が出せない方には最適のラインアップとなっております。随時ランキングは更新されていく予定ですが、
ご覧いただいた時点で、最強の選択肢が掲載されていると考えていただいて構いません。

青汁があれば、他の健康食品は要らない

味は別にして、効果は誰もが認める点だと思います。
しかも現在は、クロレラや長命草、発酵黒ショウガなど、体にいい原材料がプラスで
含まれている商品がほとんどです。 これさえあれば、その他の健康食品は不要となります。
普段の食生活を可能な限り充実させつつ、お風呂上りや起床時の水分補給として飲むだけで、
かなりバランスの良い栄養補給が可能になります。
手間も要らず、コストも安いです。

有名各社の商品の価格を比較してみても、
たいてい1日100円以下で不足しがちな栄養素がバランス良く補給できます。
費用対効果がかなり優れた健康食品だと言えます。

青汁なら、普段の食事にも生かせる

また、飲料としてだけでなく“調味料”としても使えます。
例えばパウダーを卵焼きやチャーハンの中に入れたり、ヨーグルトやパスタに混ぜたりと、
単に飲むだけでなく食事でも補給が可能なのです。

サプリメントを粉砕して、調味料に使う人は居ないはずです。
まして小鉢に入れて、はしでつまんで食べる人は皆無だと思います。
しかし、塩やコショウ、ニンニクや唐辛子といった調味料と同列で、実際の料理にも有効活用できるのです。

問題は、味だけ?

上述のメリットを考えてみても、極めて優れた健康食品だと分かります。
ただ、爆発的に愛飲者が増えない理由はやはり、

「う~ん、まずい」

のイメージがあるからではないでしょうか?
テレビ番組の罰ゲームで、出演者に飲ませるといったシーンも以前にはありました。
そうした映像が消費者を誤解させてしまったのかもしれません。

青汁は変わりました。飲みづらいのは確かに今でも一部にありますが、
味に優れた方が圧倒的に主流派です。そうした“おいしい”と思わせる飲み物を横断的にピックアップし、
さらに価格や原材料、栄養バランスなどを総合的に判断した上で、お勧めの商品を厳選しました。
その結果が冒頭のランキングに反映されています。

健康へのプラス効果は、『広辞苑』に“薬用”と紹介されるくらい広く認知されています。
健康になりたい、ダイエットしたい、便秘を解消したい、お肌の調子を整えたい、
アンチエイジングをしたいと思った方は、ぜひとも前にも話した健康法を開始してください。
飲みやすい、冒頭のランキングを参考にして、チョイスしていただければと思います。

新着記事情報

  • ただいま記事はございません